ラ・カンパニュラ

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< Eroi, Eroi, lama sabachthani?  | TOP | 正社員として全国最大500名を採用予定〜モンテローザ >>

2011.10.07 Friday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - | pookmark |
2009.01.16 Friday

嘘つきは泥棒のはじまり

JUGEMテーマ:社会のイライラ
 
 今日も寒い一日でした。
愛知県でも、この冬一番の寒い朝を向かえ、仕事を終えて帰宅する時も、冷たい風が吹き荒れていました。

私が利用している地下鉄の駅は、階段を降りれば地下街が広がっています。
地上の寒風から逃れ、暖房が効いた地下街に入ればほっとする瞬間。

さて、本屋に寄ってみようか、それともこのまま気になる店を冷やかしてみようか。。。

そう思って近くの本屋に目をやれば、荷物をかかえて求人誌に顔を埋める人。
改札近くで所在なさげに佇む人。
浮かれ気分が吹き飛んで、さっさと帰宅することにして地下鉄に乗り込んだ。

停車する駅毎に降車する人、乗車する人。
そしてベンチに座ったまま動かない人。
あの人はどういう人なのだろう?
待ち合わせをしているのだろうか、それともひたすら夜を恐れているのだろうか。。。

2000年の4月元主人と別居し、私は名古屋に出て働きはじめた。
会社員の肩書きを捨ててから、ブランクは3年。
まずは派遣会社に登録して仕事を探すしかなかった。

あれが2004年だったら、私は今頃どうなっていただろう?
実家に頼らず自立するつもりで、懸命に職を得るために派遣登録したことが、
それから4年後には、「自己責任」「ただの甘え」「当然の報い」・・・そんな言葉を投げつけられる側に
佇むしかなかっただろうか。


愛知県警、定員割れ一転 追加募集80人に1350人


生活保護など求め混乱続く 緊急宿泊所問題、一夜明け…


アメリカで起こった土地神話の崩壊が、金融を破綻させたことは言うまでもないけれど、
その土地神話を妄信した金融機関は、ここぞとばかりに欧州に債権を証券化して売ることを思いついちゃった。
アメリカと違ってお堅い欧州を騙すために、格付会社と結託し自社に「AAA(トリプルA)」の評価をつけさせて。

アメリカの嘘が全く関係のない、罪無き人を苦しめている。
アメリカは武力だけでなく、甘言でも人を殺す。
欲深い嘘は泥棒どころか、人殺しまでする。


経団連と繋がりが深い大企業がひしめく愛知県の状況は、正に惨劇。

力を充分温存しながら、弱い者を淘汰してゆく。

流石に行政も放っておけないから、対応にやっきになっている。

しかし、、、万策尽きたのだろうか。。。


ならば他にも問いたい場所がある。

日頃「慈悲」と「愛」を問うている寺院や教会は、手を差し伸べないの?
本堂とかチャペルの片隅を提供し、熱い1杯の味噌汁やスープを提供出来ないの?
お湯を提供してください。
せめて、寒風を凌げる場所を与えてください。



出来ないのであれば、、、諭す教義は意味無いことですよね?
これすなわち、、、嘘ってことですよね、、、。

本来なら、政党を構える「なむなむ団体」がするべきでしょ?
掲げる精神は慈愛なんだからさ。
(あ、自愛なのか。。。)





2011.10.07 Friday

スポンサーサイト


20:44 | - | - | - | pookmark |

コメント

帰宅される途中での風景観察の中に否応無く目に入る厳しい現実についての、思いやりを込めた表現と、訴えかけ、心を打たれます。当事者たちの無為故に寒空に投げ出される人々の運命を考えると、社会進歩とは何かということを問わずにはいられません。「派遣切れ」で若い人が餓死する社会とは。改めて、現代国家・社会の仕組みを見つめて、「世直し」の必要を感じます。
2009/01/17 9:41 PM by フレンチマン
>フレンチマン様

コメントありがとうございます。
愛知県は全国で派遣切りに被害が一番多い都市です。
去年の前半までは「一人勝ち」と言われていましたけど。。。
その一人勝ちでいられたのも、派遣の人々の働きによるもの。
雇用環境の問題も含め、正直者が弱者となり叩かれるような国家などあってはいけません。
衣食住に困る人が8万人とも言われる日本のどこが豊かであるはずの先進国なのでしょうね?
ファーストフード店やコンビニで大量に処分される消費期限切れの食品と、駅に佇む多くの人。
この国はグラグラになってると思わざるを得ませんね。。。
2009/01/19 2:53 AM by 鯱美
TKさんへ

TKさんは自由競争だからしょうがないといってましたが、
餓死した人がでましたがやはり自由競争だからしょがないでしょうか?


元派遣社員が餓死? 大阪市のマンション
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090116/crm0901160912008-n1.htm


所持金たったの9円 派遣の仕事なくなりコンビニで強盗未遂
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/081216/crm0812162322026-n1.htm


「派遣切り」の労働者が食料窃盗 群馬県
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090112/crm0901122119012-n1.htm


俺も勢いで自民党支持者の派遣は餓死すれば良いと、
言いましたが本当に餓死した人が出ると、
言い過ぎたなと反省しております。
2009/01/19 11:28 PM by 国民!
国民!さんへ

>自由競争だからしょうがないといってましたが

私が言いたかったことはただ次の1点です。
一企業の行動として、生産調整〜雇用調整を実施する上で、
先ず非正規雇用の削減に着手するのは仕方のない側面があると。
だからと言って企業は何をしても良いとは思っていませんし、
仁義に外れた解雇通告を擁護したつもりもありませんし、
そうした最近の日本企業の経営手法が素晴らしいとも思っていません。
いわんや、解雇された人が自殺や犯罪に追い込まれるのも止むを得ないなどと、
曲解も甚だしいですよ。

自由競争が最良の方法だなんてこれっぽちも考えておりませんが、
良くも悪くも我々は世界経済の一部に組み込まれているので、
結果として自由競争の嵐の中に立たされちゃっているのは否定できない。

中国など、人件費という面では日本など到底太刀打ちできない国が隣にあるのに、
日本国内に自動車や家電メーカーの生産工場がいまだに多数存在し得たのは、
派遣社員などの流動的雇用形態が認められた部分も大きいはず。

今日テレビを観ていたら、共産党の志位委員長が出演してました。
曰く、「派遣制度が日本企業の競争力を奪った」と。
二重の意味でびっくりしました。
?共産党のくせに正鵠を射た発言ではないか?
?でもなんで共産党の委員長が企業の競争力なんぞに言及するんだ?

国民!さんがクズ呼ばわりする側に落ちてしまう恐れがある一人間の反論です。

2009/01/20 12:41 AM by tk
バブル全盛の頃、
昭和恐慌を教科書でしか読んでいなかったわたしは、
その当時の人心が荒んでいく社会背景など、
まるで読み解くこともできずに、
単細胞にも、戦争へと突き進んでいく日本を、
批判する見方しかできませんでした。

しかし、昨今の国内の惨状を見るにつけ、
貧困層の拡大が社会に与える影響の大きさを、
直に肌で感じるようになりました。
今、盛んにワークシェアリングが叫ばれていますが、
国家単位でシェアリングを行わないと、
戻ることが出来ない深みにはまってしまう、
そんな気がしてなりません。

このような状況下で、
今後起こるであろう、一番心配しているのが、
英雄(カリスマ)の出現です。
小泉元総理しかり、石原都知事しかり、ヒットラーしかり…。
今こそ平和的選択が求められている気がします。
2009/01/20 1:00 AM by たいやきやいた
>国民!様

コメントありがとうございます。

非正規社員が次々と契約を切られて、お金も住居も無く世に放りだされれば、
餓死も犯罪もけっして驚くことではありません。
悲しいことですが、現実にそういう国家になってしまっているのです。

そしてこの現象は昨日、今日で終わるわけでなく、明日も明後日も同じように
続くでしょう。

湯浅氏が声高に提唱するのは、自由競争を否定するのではなく、
「それに見合った保障をしろ」ということです。

派遣社員を1ヶ月で解雇することもあり得る体制を否定しないのであれば、
半年就業しなければ加入できない社会保険や雇用保険制度はおかしい。
就業が1ヶ月でも加入できる保険制度を確立すべき。
いきなり寮を追い出されても、生活に困窮することのない報酬を支払うべき。

完全な安全網が整備されているならば、湯浅氏も自由競争は否定しません。

けど、この日本の失業者の現状は見過ごせません。
所持金が9円の人、きっとまだまだ大勢居ます。



>tk様

>コメントありがとうございます。

きっと、国民!様は貴方を非難するつもりなど、毛頭無かったのではないかと。。。

>俺も勢いで自民党支持者の派遣は餓死すれば良いと、
言いましたが本当に餓死した人が出ると、言い過ぎたなと反省しております。

この言葉が物語っているかと。^^


>?共産党のくせに正鵠を射た発言ではないか?
>?でもなんで共産党の委員長が企業の競争力なんぞに言及するんだ?

私は共産党など全く支持していませんが、今回の派遣切り問題に関する
共産党の姿勢には注目します。
2004年の、製造業への派遣を解禁する法案を、唯一反対していた政党ですので。
一見小さな波のようですが、この派遣切り問題は湯浅氏を中心とすることで巻き起こった
明らかに民意を示す大きな波だと思います。

この民意の大波を共産党がどう受けるか、社民、民主がどう受けるか。
この流れに乗れないなら、日本の野党は価値なし(笑)。

あ、そうそう、断言しますけどね、ここにはクズになってしまうような方は居ませんねん。



>たいやきやいた様

コメントありがとうございます。

まったく、まったく、まったく、私も同じ思いです。
これまでの平和な日本には、カリスマを意識したことなんて無かった。
でも、なんとなく「この人(首相)は駄目じゃないの〜ぉ」なんて値踏みするようになった事実が
日本の危機だと思いますね。。。

カリスマの出現を恐れる一方で、期待してしまうのも事実。
だって仕方ないもん。
今の政党政治では、何も変わらない。

革命が起こる時、その影では必ず血が流れるわけで、その流れた血ゆえに
革命を否定する人も居ますが、、、
現在の日本で企業でのの戦いで敗れ、死に至る人は大勢居ます。
市場原理の戦いで敗れた人の数を数えたら、決して平和ではないと思います。。。

2009/01/20 3:52 AM by 鯱美
日本の人口は、およそ1億3000万人。
そのうち、年間の自殺者数は3万3000人。
総人口の約0.025%にあたります。
小さな地方都市なら、ひとつ無くなる規模ですね。

8万5000人の派遣切りが見込まれているが、
こちらは約0.065%にあたります。
ちょっとした都市がまるごと無くなる計算。

乱暴な計算と承知の上で、これらを足すと、
11万8000人で、総人口の0.09%。
ほぼ1000人に一人となります。
勤労者人口、世帯単位などを考慮すると、
身近に感じて当然のことなのかもしれません。

ちなみに、平均所得額をみると、
3〜400万円台が最も多く(13.2%)、
つぎが2〜300万円台(12.9%)、
そして1〜200万円台(11.7%)がつづく…。
この数字を眺めて感じることですが、
日本は世界的にも低い出生率ではあるけれど、
よくぞ維持しているなと感心するほどです。

政府は企業の国際競争力を心配する前に、
真の国力とは何かを考えるべきでしょう。
資源の乏しい日本にとっては、
人口減少は間違いなくマイナス要因です。
子供を生むのが難しい国、日本。
未来の見えない国家の将来が暗くなって当然です。
2009/01/20 10:08 PM by たいやきやいた
>TKさんへ

TKさんの考えが解りました。
ありがとうございます。


今の共産党は名前は共産党ですが党が出来た頃の考え方とは、
だいぶ違ってきてると思います。
2009/01/20 10:36 PM by 国民!
国民!さん

別にあなたに絡みつくつもりは毛頭ないのですが・・・
(もうかれこれ2年くらい意見を戦わしているので、貴方の考えは理解しているつもり。)

共産党は今でも共産党です。
自由競争を前提にした社会を否定する団体です。

私は小中高と、日教組バリバリの先生達に教わり、
左がかった思想でないとインテリっぽくないよと教唆され、
それでも共産主義が理解できない落ちこぼれ生徒として学生時代を過ごし、
今に至った経緯があります。で、実社会で困ったことはありませんでした。

ところで共産主義者は今どこに行ってしまったんでしょう?
共産主義のまま上手くいった国家は21世紀になって一つもなかった事が明らかになったのに、
何故それを反省しないのでしょう?
可笑しいと思いませんか?
もう、反共は私に染み付いた体質であります。
現在の共産党がかつての共産党と違うというのであれば、
お得意の自己反省だか総括とやらをやって頂いて、
今までの主張には重大な誤りがあったと宣言するべきではないでしょうか?
それもなしにですね、
志位さんが、「ハケン切りをやる前に企業の内部留保を使え!」などとは説得力なしだと思います。
2009/01/21 12:53 AM by
少子化問題が挙がりましたので、またまたそれに関する拙文をアップいたしました。

殿方には是非、頭を抱えていただきたく☆
2009/01/21 3:01 AM by 鯱美
上の名無しコメント、私です。

とらよしさま

格調高き貴女のブログを駄文で汚し申し訳ありません。
2009/01/21 9:28 PM by tk
>今までの主張には重大な誤りがあったと宣言するべきではないでしょうか?

共産党くわしくないです。

基本的に変われば何処の党でも良いと思っているので。

自民党指支持者は非自民党指支持者に迷惑をかけてるから、
逆に迷惑をかけたいというのもある。
目には目を歯に歯を!
でも変わらなきゃね。

>自己反省

本来は俺には似合わないけどね。
人を傷つけるのが当たり前!と思って生きてる人間からね。

ハヤブサ、てつ、死ね!て書いて送ってたし。
もちろんボツだけどね。
2009/01/21 10:11 PM by 国民!
そう言えばかつてのブログでは、
国民!さん、レッド?イエロー?カード、何度も出されてましたもんねw
懐かしいっすね。
2009/01/21 10:28 PM by tk
>tk様

コメントありがとうございます。

>格調高き、、、

そーゆーの止めてくださいまし〜っ(汗汗汗)

エロネタが書けなくなるプレッシャーとなりますから(爆)


>国民!様

コメントありがとうございます。

>本来は俺には似合わないけどね。

国民!様にはご迷惑かもしれませんが、パチパチパチ!
大きな拍手を送ります。
2009/01/21 11:06 PM by とーら・よーし
>国民!さん

>ハヤブサ

なんて懐かしい響きだ(爆笑)!
こやつの、粘着性と、
自分の頭で考えることができない「からっぽの脳味噌」には、
さすがのわたしも切れました…。


>tkさん

知人の共産党員さんが言うには、
ディープな人ほど熱心さを失っているそうです。
最近、巷に赤い風が少し吹いているために、
ここぞとばかりにウケの良い発言を連呼して、
支持者の獲得に懸命になっているご様子です。
志位社会党でも結党するつもりなのかな(笑)?
2009/01/22 1:05 AM by たいやきやいた
たいやきやいたさん


ハヤブサは誰にでも質問ぜめでした。


特に従軍慰安婦問題とNHKのエントリーの時は。
2009/01/22 9:55 PM by 国民!
>国民!さんへ

はじめは己の主張をむやみにひけらかすことなく、相手に思う存分主張をさせる。
どのような主張でも裏表があるので、その論理の矛盾に喰らいつき、あげ足をとるように努める。
すると、その矛盾を修正するために、新たな矛盾をつくることになる。
これがハヤブサ氏の手口だったと思います。
こんな相手に、まともな接し方をていては、疲れるだけです。
「俺のことはどうでもよいから、お前はどう考えてんだ!」
と言ってやることが一番効き目があると思います。
この手の輩は、討論そのものに価値を見出しているわけではなくて、
相手を困惑させること自体が目的になっていることが多いようです。
話が本題から反れていると感じたときは、本題に戻すのも効果的かと思います。

本題といえば、政治家の一番大切な仕事は、何だと思いますか?
わたしは、日本の将来に対して「責任」を持って決断することなのだと思っています。
今の日本に無責任と無関心、自己中心と他人事が蔓延したのは、
とにもかくにも、政権与党と官僚が、積年取ってきた態度にあると見ています。
今回、その責任を取ろうともしない政治家達を、権力の座から引き摺り下ろす。
また、政官財の癒着が少しでも解消されるように、連結の解体を試みる。
国民の得る果実はこれだけで十分過ぎるほどあり、各論など持ち出す余地などない筈です。

そもそも、どの政党を選んだところで、完璧などあり得ませんから、
民主党をはじめ、社民党にも共産党にも傷があって当然なのです。
また、「何でもやれた自民党」以外に、政治結果を残せた政党などないのは事実であり、
そして、その政治結果に、国民がさらされているのが現実なのです。

各論といえば、決まって不況・政情不安になると、出てくるのが民族浄化政策です。
しかし、これを持ち出した国は、日本・ドイツ・イスラエルを例に挙げるまでも無く、
必ず戦闘行為を肯定的に扇動し始め、負の遺産に苦しめられた歴史を忘れさせます。
これはとても危険な兆候で、警戒しなくてはいけない時代に入ったと感じています。

郵政民営化と表面上は違いますが、政治的にはまったく同じロジックになっています。
普通に考えて、腑に落ちない内容は、大方、間違っているとわたしは考えます。
「自民党をぶっ潰す」の題目で、衆参ねじれの基礎を作り、実子を議員へ送り込み、
「郵政民営化」の題目で、地域サービスの低下を促進し、財産を海外へ流出させて、
「雇用機会を増やす」の題目で、企業だけ儲け、国民奴隷化制度を推進しました。
普通に考えれば、このような選択はしないはずですが、モノは言いようとはこのことですね。

そういえば「黒人大統領」が誕生したアメリカは、ご承知の通り人種のルツボです。
リンカーンやキング牧師が英雄たる所以は、このあたりにあるのでしょうけど、
単一民族を象徴する天皇がおわす日本には、決して根付かない思想なのでしょう。

ハヤブサのこと書いていたら、
取り止めと無く、色々と連想してしまい発言してしまいました。
どうもすいませんでした。
2009/01/25 2:02 AM by たいやきやいた

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://akenostubasa.jugem.jp/trackback/57

トラックバック

▲top