ラ・カンパニュラ

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< JリーグGM講座開催中 | TOP | 嘘つきは泥棒のはじまり >>

2011.10.07 Friday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - | pookmark |
2009.01.15 Thursday

Eroi, Eroi, lama sabachthani? 

JUGEMテーマ:戦争・紛争

エリ!エリ!ラマ、サバクタニ?

こんなタイトルの邦画もありましたね、、、。

これは「主よ、主よ!汝何故我を見捨て給うか?」の意。
イエス・キリストが十字架に架けられ、最期の時に天に向かって発した言葉。

ガザ地区で震えるパレスチナ人の叫び、そのままのように聞こえます。

この争いは、圧倒的な武力を盾に理不尽な攻撃をし続けるイスラエルの虐殺行為に非はあると思います。
しかし、この圧倒的な武力を配したイスラエル軍が、なぜハマスを駆逐できないかといえば、
相手が軍ではなく、一介の市民に過ぎないからだと思います。

軍は統率者を失えば乱れるでしょう。

しかし、抵抗するハマスは政府といえども民間人。
ハマスを支持する市民がいる限り、一人の指導者が命を落としても、志を継ぐ第二・第三の指導者が
簡単に現われます。
第一の指導者を失ったその瞬間から次の指導者が誕生するシステムになっているのです。
この状況下では、イスラエル軍がどんなにハマスの攻撃を無力化しようとしても無駄です。
イスラエル正規軍の最新型兵器を格納したした武器庫を、ハマスが破壊できれば、イスラエル軍は大混乱に陥ります(あくまでも仮定のハナシ)。

しかしハマスが手にする武器は、町工場で簡単に造れる代物。
イスラエルの武器と比較すれば、雲泥の差があるのだけれども、ハマスを支持するパレスチナ人が居る限り、ロケット弾といえどもこの程度の武器は製造し続けることが出来るのです。
だからガザのハマスも引かない。
どんな不利な状況に陥っても。。。

けど、もういい加減にやめましょう。

アメリカの介入も、イスラエルの暴挙も分かってますから。

民族のプライドと土地を賭けた戦いだとしても、どんなに声高に聖戦だと主張しても
子供達が流す血に比べたら、どれほど無意味で無益な醜い争いなのか、、、。
 



エリ!、エリ!、ラマ、サバクタニ?
これは子供達の叫びです。




大人の勝手な事情が、いつまでも通るなんて大間違いだっ!





2011.10.07 Friday

スポンサーサイト


02:29 | - | - | - | pookmark |

コメント

これは戦争でもなくテロでもなく侵略。無差別殺人です。
イスラエル軍は平和的解決の道などはじめから望んでいないし、国際社会(もちろん日本も含む)も、残念ながらこれをすっと後押ししてきました。そして、この悲惨な状況になってまでもイスラエルの攻撃をやめさせることができないでいます。派遣の問題と同じで、弱い立場の人たちがモノを言うことは許されないし、認めてもらえない。おかしいです。

アフガン、イラクの攻撃から学ぶ事(反省)がなにもなかったアメリカ。まっとうな意見もいえない日本を含めた世界各国。そして、なんにもできない自分。歴史的な背景など不勉強でわからないけれど、人間としてやってはいけない事だと強く強く思います。



















2009/01/15 6:11 PM by 14番目の月
>14番目の月様

コメントありがとうございます。

おっしゃる通りです。
イスラエルに住むユダヤ人は、かつては自分達が虐待を受けていたのにもかかわらず、
今度は虐待(殺戮)する側になっています。

親から虐待を受けた子供は、我が子を虐待する確立がそうでない家庭に比べて高いといいますが、
この負の連鎖がそのまま国家(民族)にも当てはまるのかと思ってしまいます。

イスラエルの暴挙に抗議すべく、ボリビアとベネズエラが国交断絶を宣言しました。
日本の態度がきになるところですけど、、、ネ。
2009/01/15 10:43 PM by 鯱美
人命を奪ったとしても天国に入れると説く、
ユ○ヤ教の「神をも恐れぬ傲慢」な教義に呆れます。
犯した罪の重さでは、オウムと大差はありませんよ。
まったく、宗教とは身勝手なものだと思います。
2009/01/16 9:11 PM by たいやきやいた
>たいやきやいた様

コメントありがとうございます。
(遅くなってすみません)

ユダヤの経典でもある旧約聖書は、「復讐の神」でして
「目には目を、歯には歯を」これが市民感情に刷り込まれちゃってますから。
ただ、イスラエル軍の目に余る行為に、ようやく市民もガザへの攻撃を止めさせるためのデモをし始めましたね。
市民には良心があるのに、軍はアメリカのバックアップがあると思っているから「停戦宣言」なんてしつつも攻撃を止めていない。
この殺戮行為で、イスラエル側には誰も罰せられる者はいないでしょう。
全くふざけてます。
2009/01/19 2:40 AM by 鯱美
イスラエルは、天下の自己中ブッシュが去る前に、
すべてを済ませておきたかったみたいですね。
それにつけても、アメリカさまの御威光は大したものだ。

かたやオバマ君は、多分、箔をつけるためだろうけど、
リンカーンもどきの公約をしてしまいましたから、
理屈ではイスラエルとハマスの諍いも認めないハズ?です。

でも、はてさて、アメリカ国民が、
いつまでも貧乏に耐えられるとはとても思えないので、
舌の根も乾かぬうちに、豹変するだろうな。
民意に支えられながらという形でね。
困ると拳を振り上げるってのが、アメリカの定石です。
東アジアにだけは、振り下ろさんどいてね。
2009/01/20 12:35 AM by たいやきやいた

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://akenostubasa.jugem.jp/trackback/56

トラックバック

▲top