ラ・カンパニュラ

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 愛と勇気と希望の日 | TOP | Eroi, Eroi, lama sabachthani?  >>

2011.10.07 Friday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - | pookmark |
2009.01.14 Wednesday

JリーグGM講座開催中

JUGEMテーマ:Jリーグ
 
Jリーグが発足して早くも15年。
その間に、J1・J2併せて33チームに増えました。
世間から注目を浴びることも稀だった蹴球界に、プロ球団が誕生してまだ15年だというのに、
この発展はすごいことだと思います。
カズさん、ゴンさん、リトバルスキー、ストイコヴィッチに憧れて蹴球を始めた小僧たちも大勢居ることでしょう。
その15年前に、目を輝かせてた小僧達がプロの世界で名を連ねるようになったのだから、
この15年という時間は長いようで短く、短いながらも重い歴史が詰まっていると思います。

そんな中で、現在のJに決定的に不足しているのがGM(ゼネラルマネージャー)という人材。
補強・育成・統制・経営・交渉等、全ての分野においてその能力がバランス良く備わっている人のこと。

GMという肩書きを持った人がJの全てのチームに居るわけではありませんが、やっぱりこういう人を
確保しているチームは、ポテンシャルが違うような気がします。

去年の鯱チームが、前年度に比べて飛躍できたのも、GMの力を除いては語れないと思います。
なんと言っても、去年の鯱さんは「纏まり」がありました。
もちろんそれはGMだけの力ではなく、選手・監督をはじめとするスタッフ・フロントの努力ですけども、
GMの役割は、潤滑油。
やっぱり居ると居ないとでは全然違うと思います。

そんなGMが全体的に少ないってことで、2008年からJがGM育成の講座をグレードアップして開催しています。
この講座を受け、最終試験(レポート提出だと思います)に通れば晴れてGMに転身。

現在はJに選出された人が受講中。
その顔ぶれは、Jのチームの強化担当であったり、事務方さんであったり、OB(選手)であったり。
一つのチームの一社員ではなく、プロとして各チームを渡り歩けるようになるので
受講者も頑張っちゃいます。

だって、一流のGMは年収が2千万とも言われているし。




2008 Jリーグ GM講座

JリーグGM講座の概要


鯱チームにもこの講座を受けている人がいます。
何を隠そう、わたくしの直属の上司!
どこかのエントリーでも書いたけど、個人的にはちょっといけ好かないヤツです(笑)。

実は昨日、今日がまさにGM講座の開催日でして。
夕方受講を終えた上司が戻って参りました。

昨日、今日の受講内容はこちら↓

「Jリーグ GM講座 セッション13」 詳細決定のお知らせ

1月13日の講習内容には、部下としてわたくしも興味深々です。

上司が帰社して、開口一番「ちょっとこれ見てよ。」

そう言って差し出したのが一枚の紙切れ。
人間分析っていうのかな、自己診断テストの結果でした。

GMに必要な資質が備わっているかどうかの分析なのでしょうけども。
一番上に棒グラフがありました。
横軸には左から判断力、経営力、育成力、指導力、分析力、打開力・・・
そんな項目が10種類程並んでおりました。

まあ、このテのテストは一つの指針でしかないのだけれど、JがGM講座で取り入れるくらいだから
きっと大真面目なのだろう。

プライベートな結果だし、見ていいものかア・リトル迷ったけども、「見てよ」と言うからには「指示」だろう、、、ってことで見てやった(←なぜに上から目線・笑)

あらま、結構平均以上じゃないの。。。

っと感心したのも束の間。

アタシに視線はある項目に釘付けになっちゃった!

「育成力」「指導力」が限りなくゼロに近いほど低いのだ。。。

その数値を分析した文章を読んでみると、、、

  あなたは部下の指導には全く興味がない人で、教えることも一切ありません。
  後輩や部下の成長にも、関心がありません。

うひゃひゃひゃひゃ!大ウケ!

そしてさらに目に飛び込んできたのが、

  自分の興味の対象だけを追求する、「我が道を行く」典型です。

ぶわーっはっはっはっはっは!はーっ、はぁ、はぁ、はぁ、、、。

もう大爆笑だった。
ここ半年くらいこんなに大笑いしたこたぁねぇ!ってくらい大爆笑だった。

はい、このテストの精度は高いデス。


違う自己診断テストの話になりますが、

表ゲノム



裏ゲノム



これは「リクルート」が2004年くらいまで公開してた、キャラミル研究所という自己診断テストです。
秀逸だったので、是非ともみなさんにも試してもらいたかったのだけども、現在は閉鎖されています。残念。。。

この診断は、表ゲノムで本人の本質を、裏ゲノムで隠れた資質(3種類)を判断するものでした。


私の結果は・・・。

表ゲノム・・・スマート

【特徴】


よくしゃべり、よく笑う、愉快な人です。
周囲に対し、気を使ったりするのがうまいので誰とでも仲良くなるのかと思いきや、自分のプライベートな話をするのは意外に好きではなかったりして相手に不意にココロの壁を感じさせます。


べったり付き合う友達関係を好まず、ヒトに相談事をすることもあまりありません。


会話は楽しく、スイングするような愉快なコミュニケーションをしたいというヒトです。


だからあまりヒトのプライベートにもハナをつっこむようなところがなく、仲良くなってからもなにかまだ秘密があるような・・・、そんなミステリアスな印象をあわせ持ちます。


裏ゲノム・・・セルフ・マザー・フィーリング

SELF(セルフ)
『自分の力を信じたい「自己信頼系発想」』・・・自分の道を行く人。一見真面目、深く付き合うと「あれ?」みたいな。

MOTHER(マザー)
『仲間のハッピーが大好物「おかん系発想」』・・・器のデカい、おおらかな人。世話好きだが時おりおせっかいと取られる。

FEELING(フィーリング)
『気持ちや直感で物事をジャッジする「フィーリング系発想」』・・・感覚人間。適当なところあり。


裏ゲノムのそれぞれの解説もホントはもっと詳しいのだけども、いやはや、血液型なんか足元にも及ばないくらい当たってました。





でも、なんだかんだ言って、上司と私は、むちゃくちゃ似ていると思うのだ。。。
特に面倒くさいことは、バッサリ切り捨てるところなど。






2011.10.07 Friday

スポンサーサイト


22:23 | - | - | - | pookmark |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://akenostubasa.jugem.jp/trackback/55

トラックバック

【米韓】GMの電気自動車「ボルト」の電池供給元、LG化学の米子会社に決定[01/13]
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1231794591/
(【究極の宗教】Physical Mankindism【PM】 by Humitaka Holii (堀井文隆) 2009/01/15 8:40 PM)
J0EA0FC0B0A22318N8B
何気なくネット見ていたらJリーグの関連する記事を見つけました。私もコレ見て参考...
(Jリーグ 2009/01/18 9:08 AM)

▲top