ラ・カンパニュラ

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< グアンタナモ収容施設 | TOP | JリーグGM講座開催中 >>

2011.10.07 Friday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - | pookmark |
2009.01.14 Wednesday

愛と勇気と希望の日

 

1月14日は、「愛と勇気と希望の日」だそうです。
1959年(昭和34年)の今日、南極の昭和基地に置き去りにされたカラフト犬の「タロ」、「ジロ」の生存が確認されたことにちなんでいるそうです。


高倉健 - 渡瀬恒彦・夏目雅子 - 1983年



この映画、ご覧になりました?
文部省(当時の名称)推薦だけあって、鑑賞会と称して多くの小中学校でも上映されたようです。
感動的なのはいいけど、多感な子供達のこと。
「好きな女の子」の前でわんわん泣きたいのを堪えて、「つまんねぇーの!」なんてわざと言ってみたりしたのかな、、、
なんて考えると微笑ましい。

1983年の上映ってことは、、、こちらにお越し下さる方は大人のお領域に達していたかと(笑)。

改めて、、、いい映画ですね。

極寒の地で生き延びたタロとジロの強さとひたむきさに、心を打たれます。
極寒の時代だけれども、だからこそ人の愛は染みるし、だからこそ、勇気も希望も捨てちゃいけない。



私がこの映画(ビデオですけど)を観たのは20代後半でした。
最後のシーンは本当に感動的で、涙ぼろぼろ流して思わず飼い犬の柴犬を『ひしっ!!』っと抱きしめたところ
「わんわん!!」っと必死に抵抗されました。

そ、そんなに怒らんでもいいのにさっ  ちぇっ。



酒臭かったのかなぁ?

2011.10.07 Friday

スポンサーサイト


20:07 | - | - | - | pookmark |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://akenostubasa.jugem.jp/trackback/54

トラックバック

▲top