ラ・カンパニュラ

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 食事中に読まないでね(笑) | TOP | 大人一年生諸君、おめでとう! >>

2011.10.07 Friday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - | pookmark |
2009.01.11 Sunday

「すべてを手に入れた男への贈り物」、原子力空母「ブッシュ」就役

JUGEMテーマ:国際社会

   現大統領はあいさつで、第2次大戦中には海軍パイロット、1989-93年には大統領を務めた
    父親の業績をたたえ、「幸せな人生を歩み、望むものはほぼすべて手に入れてきた男に
    何を贈るべきかと考えた末、空母を思いついた」と述べた。



至上最悪の第43代目の現大統領、ジョージ・W・ブッシュが、41代目大統領、ジョージ・H・W・ブッシュ(パパブッシュ)へプレゼントをしたって話。

    建造費62億ドル(約5600億円)、世界最大級9万5000トンの空母
  

もちろん艦艇に命名しただけのことなんですけど、この一家の恥知らずっぷりがお笑いぐさなので。
任期終了直前に、金融大恐慌と恩赦乱発とガザのホロコーストを引き起こし、全世界を大混乱に落とした嘘つき男が、引き際の花道を飾るために考えたことは、やはり凡人には理解できまっせん。

パパブッシュの最も屈辱的なことは、二期目の選挙で敗北したこと。
そして、トラウマとなっているのが、太平洋戦争時、海軍艦上攻撃機パイロットとして従軍していた際に、日本軍によって1942年、1944年、2度も撃墜された経験。
特に2度目の撃墜時は、3日間の漂流後米潜水艦によって仲間の4名と共に救出されたが、この時日本軍の捕虜となった8名は、小笠原事件でカニバリズムによる犠牲となった。

これらの暗い過去を払拭させるためのプレゼントなのでしょうけど、美談でもなんでもない。
むしろ醜悪なパフォーマンスだ。

  大統領専用機エアフォースワン(Air Force One)を用いての職務は現大統領にとってこれが最後となる。(c)AFP


最後の思い出に、これに乗りたかっただけじゃないの?
いつまでも汚れた栄光にしがみついていればいい。



(一部削除いたしました。'09.1.16)




2011.10.07 Friday

スポンサーサイト


13:53 | - | - | - | pookmark |

コメント

現米国大統領ブッシュの、イスラエルによる「ガザ侵攻」を支持する態度を取らせている元凶が、「テロリスト・ハマス」を本気で信じている為なのか、それとも、「ユダヤ・ロビー」の強力な支持を受けて出世してきた為なのか、分りにくいのですが、いずれにせよ、この男は任期最後まで、国際社会に背いた「非人道行為」を続けた米国大統領として、その悪名を後々まで残すことになるでしょう。
2009/01/12 3:35 AM by フレンチマン
>フレンチマン様

コメントありがとうございます。

ハマスがテロリストであるかどかなど、この男にはどうでも良いことだと思います。
絶対的な権力者であるこの男が「テロリスト」と言えば、スポンサーは当然のこと、追従する世論もいますから。

一般人が人を殺せば殺人罪に問われますが、権力者となって傀儡政権を操り、自分の利益のために虐殺をしても罪に問われないこの男。
おっしゃるように、この男の悪行は歴史に汚名を残すことでしょう。

2009/01/12 5:09 PM by 鯱美
こんにちは。

断りらしきものが入っていたのでどうしようかと思いましたが、
あえて「感想」ということで。

>小笠原事件で、パパブッシュが犠牲になっていれば、この悪魔は生まれてくることはなかったのに。

相手が、あらん限りの批判を加えても足りないような愚か者だったとしても、守るべき一線はあります。
何でも有りのネットの世界だからこそ、そう思います。
その意味で、このブログでこういう表現を目にしたのは残念です。
失礼しました。
2009/01/14 12:58 AM by 五十歩百歩
>五十歩百歩様

コメントありがとうございます。

ご指摘の件、全く言い訳など出来ません。

>その意味で、このブログでこういう表現を目にしたのは残念です。

この言葉は、今後の戒めとして深く受け止めたいと思います。
同時に、残念な思いをさせてしまい申し訳ありません。
ご指摘ありがとうございます。素直にそう思っています。

3日後に該当の部分は削除します。
2009/01/14 1:41 AM by 鯱美
著名な作家においても舌下事件はあるし、有名人のブログ炎上もよくあること。同様に、今回の鯱美さんのコメントは少し、お酒で滑らか過ぎたかな。

五十歩さんの指摘はその通り。
そして、鯱美さんの対応も潔し。

やはりこちらは、書き手も、読み手もレヴェルは高い。

人には間違いもあれば、筆が足らずに想いが通じないこともある。思わず書き過ぎることもある。

鯱美さん、褒めちゃいないんですよ。その潔さに、天晴れと感じたまでです。

これ以上完璧だったなら、嫁の行き先が無くなる。
勿論、反省は大いにしなければいけません。
2009/01/14 6:42 PM by 弧愁庵人
>弧愁庵人様

いくら酔っていたからといって、本来の人格以上のものは発露しないと思ってます。
ということは、私はこういう思考回路を持っていたということ。
隠していたから表に出なかっただけのこと。

酒を愛する者として、酒の所為にはできません。
書き手はともかく、私は訪問者のレヴェルの高さに支えられているだけのこと。

反省とともに、一つの思考の消去作業をしています。
コメントありがとうございました。

最後に、、、


嫁、嫁、言うな〜っ(笑)


2009/01/15 1:18 AM by 鯱美(謹慎中)
舌下・・・舌禍の誤りでした。
2009/01/15 3:14 PM by

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://akenostubasa.jugem.jp/trackback/51

トラックバック

▲top