ラ・カンパニュラ

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 「小さな恋のメロディ」か「禁じられた遊び」か? | TOP | 「すべてを手に入れた男への贈り物」、原子力空母「ブッシュ」就役 >>

2011.10.07 Friday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - | pookmark |
2009.01.11 Sunday

食事中に読まないでね(笑)


EMテーマ:アフリカ
JUGEMテーマ:日記・一般

虫、食べたことある?

【1月8日 AFP】「できれば、イモ虫だけを食べていたいぐらいだ」。30代のイブさんは、こう話すほどイモ虫が大好物。 

アフリカの中南部の主食は、イモ虫なんだって。(写真参照)

うげ。

なーんて、ちょっと怯みつつも、よーく考えると私だって「虫」を食したことはある。

イナゴの佃煮とか、へぼ飯なんて、この地方では有名だもん。

幼い頃なんざ、養母が普通に新鮮なイナゴを貰ってきて、台所で調理してたこともある。
それが漬物と同じようなポジションで食卓にものぼっていた。
ヘーキで食べた。

養父が好きだったこともあるけど、へぼ飯とかへぼの佃煮とかも食べさせられた。
「へぼ」とは地蜂の一種、クロスズメバチの幼虫のこと。
その幼虫を佃煮にして、ほっかほかのご飯と混ぜて食べるのだ。。。
うーん。
好きではないけど、食べることは出来る。
美味しいですよ、目を瞑って食べればね(笑)。
ちょっとだけ見た目がグロいイクラのようなもの。
とろりとしてて、甘いし。
たまに成虫も混ざったりしててね、これは桜海老のような食感。
グロいけどね(笑)。

この「へぼ」という代物もそうだけど、記事にあるアフリカのイモ虫も、栄養価満点なのだ。
幼い頃の私は、(今では考えられないだろうけど)もの凄い虚弱体質だったので、
滋養強壮に効果テキメンな、この「へぼ」を食べさせられてました。
これは親の愛なのか、拷問なのか、、、判断に迷うところ(笑)。

たかがスズメバチの幼虫なのですが、これが結構高価なんだな。
けど、養父の親戚が、三河の山岳部で旅館を営んでおり、定期的に「へぼ」を調達していたし
ちょっとしたお土産(米)と引き換えに手に入れることができました。

毎日10匹食べさせられました。
それ以上の量になると、鼻血を出してぶっ倒れるくらい強い天然のお薬なんだけども。
いやはや、なんと言っても見た目がね。。。(笑)




でも、高級品なんですよーwww。


アフリカの主食事情を読んで思ったのが、日本の食糧自給率。
20%を割っているんですよね。
第一生産業従事者が、圧倒的に少ない。
んじゃ、昨今話題の派遣切りにあった人が奮起してやってみる?

そうはいかない。

農業ほど経験と近隣の助け合いで成り立ってる産業は無いですもん。

食糧の80%を輸入に頼ってる、政府と官僚と大企業だけが豊かな日本。
各国の通貨が軒並み弱くなってるのに、円は強い!
そんなこんなで、タイや、中国やアメリカが日本に食糧を輸出しなくなったら・・・。

虫しかないじゃない(爆)。


話がちょっと変わりますが。。。

わたくしどもの会社の業務の事を少しばかり(Jチーム共通のことですけど)

【対外的業務】
 ・ファンクラブ更新に関する問い合わせ
 ・後援会更新に関する問い合わせ
 ・新商品(レプリカ等)に関する問い合わせ
 ・今シーズンの日程に関する問い合わせ
 ・イベントに関する問い合わせ
こんなことが盛りだくさんで、2分に一度は電話応対してる状況。

【内部業務】
 ・予算&実績報告
 ・決算
 ・支払関係
 ・伝票処理
 ・会計処理
 ・来客対応
 ・じっさまのお世話

【業務外営業(もちろん自費)】
 ・飲み屋に於いてさえもポスター貼り(告知活動)
 ・サポートタウンへの貢献

こんな毎日。

とんでもなく飛躍するんだけど、国民の代表たる政府は、常にスポンサーである国民のために
寝食忘れるほどに働いているかな?

神楽坂や赤坂の料亭で高級料理食べてご満悦なんて許さないぞっ!

どんな状況下でも、日本を憂うべき。
料亭のご馳走なんて食べ飽きただろう。
来るべき食料難のために、イモ虫の正しい食し方でも発信してくれたほうが
このくだらない政局を報道するより、よほどインパクトがある。
ゲテモノがゲテモノを食するところをね。

そのほうが、選挙効果はあると思う。



昨今の政府は、所詮お笑い芸人的な効果しか期待できないのでねwww。
公明から久本雅美が出馬程度に。



はー、ちょっと酔った。




2011.10.07 Friday

スポンサーサイト


01:13 | - | - | - | pookmark |

コメント

フィリピンのアエタ族並ですな。信州ではザザムシだか、ダダ虫だかなんかそのような呼び名のものを食べるそうです。蜂の幼虫は日本国食べるみたいですね。

あの、ご飯に混じった幼虫・・・・ヒョェ〜私は逃げ出しますな。蜂には随分痛い思いをさせられましたから・

確かに栄養はありそうですね。ローヤルゼリーたらふく食べて大きくなってるんですからね。栄養そのものという感じでしょうか?

昔映画で「ヤコペッティの残酷大陸」というのがあって、世界中の変わった食生活をやっていましたが、名古屋も十分映画に載せられますです。蝙蝠とか、サソリとか、へぼ・・・。

ご当地の食文化を馬鹿にするわけではないのであしからず。

ただただ、私が苦手なだけですので。
2009/01/11 4:33 AM by 吉村嘉一郎
>吉村嘉一郎様

コメントありがとうございます。

ザザムシっていうのもありますね。
信州の雪深い村の、重要な蛋白源。
食べる物が無くなって冷たい川の底を漁って、ザザムシを獲ったとか。

海老みたいらしいですよ。海老、海老(笑)。

へぼもザザムシも見た目がグロいけど、思えばシャコだってエイリアンみたいだし、エビだってバルタン星人のようなもの。

食べちゃえばどーってことないって!(笑)
2009/01/11 10:48 PM by 鯱美

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://akenostubasa.jugem.jp/trackback/50

トラックバック

▲top