ラ・カンパニュラ

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< チェ 28歳の革命&チェ 39歳別れの手紙 | TOP | 皆様、良いお年を! >>

2011.10.07 Friday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - | pookmark |
2008.12.30 Tuesday

1年の終わりに見るものは、虐殺だった

12月27日に開始された、イスラエル軍によるガザ地区侵攻、空爆は今日で4日目を迎えた。
死者は300人を越えた。この年の瀬に。
任期をわずかに残すアメリカ現暴君が、また人を殺した。きっと明日も続くだろう。

【12月29日 AFP】パレスチナ自治区ガザ地区を実効支配するイスラム原理主義組織ハマスの拠点に対するイスラエルによる大規模な爆撃3日目となる29日、イスラエルのエフド・バラク国防相は「ハマスとの全面戦争だ」と発言した。


ハマスとはテロ集団なのか?
いやいや、パレスチナの人々によって選挙で選出された、れっきとした政府である。
パレスチナの現状を憂い復興を目指して権力と戦う志が、圧倒的な支持を得て選出された政府である。
断じて武装テロ集団ではない。

ブッシュは自分と意見を違える人々を簡単に『テロリスト』と呼ぶ癖を、いい加減に止めたほうがいい。
単細胞にも程がある。

イスラエルに最初の攻撃をしたのは確かにパレスチナ政府、ハマスである。
しかしこれは、イスラエルによる物資の輸送経路をずっと封鎖されていたため。

食糧と医療物資が底をつき、自国民が困窮している事態を「非常」と見た政府が
やむを得ずとった反抗である。
この政府を誰が責められよう?


「ガザ解放」船がキプロスを出航 イスラエルの封鎖を破るべく




日本の大戦も似たようなもの。
アメリカのやり方は、昔も今も変わらず汚すぎる。

ハマスが放ったロケット弾が、イスラエル人を一人殺した。
その報復行為で、4日後には300人以上のパレスチナ人が命を落とすことになった。
もはや暴君には、どんな倫理観も通じない。

イスラエル軍の武器が「銃」だとするなら、ハマスの武器は「使い古されたおもちゃの銀玉鉄砲」の
ようなもの。
圧倒的な武力の格差がある。
大蛇に睨まれた、小さな蛙のささやかな抵抗くらいなものだと思う。
もちろん人命は尊く、死者の多寡を声高に言うつもりはないけど。

これは責任が相互にあることを示唆する「戦争」などではない。
虐殺だ。

空爆の標的になった学校を離れ、帰宅するためスクールバスに乗り込もうとする学生の列にも
爆弾を落としている。
難民キャンプの真ん中にも爆弾を落としている。
正規軍でもなんでもない、無辜の市民が殺されているのがその証拠。

ブッシュはかつてイラクだったか、アルカイダを「悪の枢軸」と言ったことがあったっけ。
「どっちが!」と叫びながら、命を落とした300人以上の分だけ靴を投げてやりたい。

空爆にさらされるガザ地区、人びとの怒りと涙
これらの写真が物語ることを、正当化するイスラエルもアメリカもどうかしている。




一刻も早くこの虐殺行為が終結し、パレスチナに平和が訪れることを祈ります。


2011.10.07 Friday

スポンサーサイト


12:55 | - | - | - | pookmark |

コメント

イスラエルとパレスチナ。
我々日本人の立場としては、どうしたってパレスチナ贔屓に。
フセイン・マクマホン協定もバルフォア宣言も日本には全く関係ないのだから当然か。
人工的に造られた国家はかくも軋轢を産むもの。
英国、米国、その時代の覇権国家は本当に罪深い。
彼らのキリスト教的独善性には辟易とする。

心配なのはパレスチナ国家の分断状況。
深刻な対立で、イスラエルがつけ込む口実になっているのに・・・
2008/12/31 9:50 AM by tk
今日でイスラエル軍による空爆5日目となり、ガザ市民の死者は、360人以上を数えるまでに達しています。フランス政府が「48時間停戦」を呼びかけていますが、足元を見られている為でしょう、受け入れる気配はありません。こうした,「ならずもの政府」に対しては、米国などが軍事援助停止など、具体的制裁を課することと、すでに巻き起こっているような、世界的抗議運動によって、イスラエル孤立化を促すしかありません。
2008/12/31 10:34 PM by フレンチマン
>tk様

コメントありがとうございます。
遅くなってすみません。
実は、近代世界史がすっかり頭から抜け落ちておりまして、「フセイン・マクマホン協定、バルフォア宣言」を
改めて読み直した次第。。。(恥)

パレスチナ問題が100年近くに渡る問題だとは存じておりましたが、
他国に祖国の土地も思想も政治的にも蹂躙され続けているとは、パレスチナの人々の鬱屈も
限界に達していることでしょう。

イスラエルなんて、古代にあった国名で人造国が建ったのが中東・アラブ諸国の神経を逆撫でしてますね。
歴史背景を充分研究し尽くして、民族間争いを仕向けるアメリカの理想国家ですよ、、、ほんとにっ!


>フレンチマン様

コメントありがとうございます。
爆撃は短期間だと思っていたのですが、ガザ空爆は8日目となりました。

欧米各国だけでなく、米国がイスラエルを切り捨てにかかっているという動きもあるそうで
http://tanakanews.com/081228Gaza.htm

イスラエルに対する世界の逆風が、紛争の終結に至ることを祈ります。
どんな情状とか背景があるとしても、人命の消失が数字で表されるここのところの毎日の報道は
悲しくて虚し過ぎますから。




2009/01/03 5:40 PM by 鯱美

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://akenostubasa.jugem.jp/trackback/41

トラックバック

▲top