ラ・カンパニュラ

<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 蹴球ライターへの不満。。。(最後ですけどネ) | TOP | 2008年を表す一文字 >>

2011.10.07 Friday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - | pookmark |
2008.12.02 Tuesday

お世話になった人々〜上司編vol.1

 社会人である以上、人間関係に悩んだことのない人など居るまい。
もしそんな人がいるなら、陰で「デリカシーに欠ける人」と言われているハズなので、気をつけましょう(笑)。

私はこの20年のうちに職を転々とし、多くのあきれるほど嫌な人にも出会いましたが、頭が上がらない上司にも出会うことが出来ました。
どちらかと言えば、上司には恵まれてきたと思います。

出会った多くの上司のうち、忘れられない方が2人。
どちらも尊敬の念と、父親への思慕のような感慨を思い出させる方です。

1人はこのブログのこちらのエントリーで少し触れた方で、M.Oさんです。
大勢の派遣社員に残業を強いていながら、ただの一度も残業食代を出してくれない会社に代わり
ご自分のポケットマネーで、約20名分の軽食を、ほぼ一ヶ月に渡り買出しに行って下さった方。
普段は滅法厳しくて、一字の誤字脱字にも目を光らせるほど仕事には徹底していらっしゃいました。
けれど、会社内で一番厳しくとも一番思いやりのある方でした。

もう1人が、今日語りたい方。

<オレたちワタシたち グラ応援団>(7) 手嶋雅春さん(元広報部長)

この方は、グランパスの創立間もない頃から広報部長として、グランパスの歴史を見ていらっしゃった方です。
ヘビースモーカーで、大酒飲みで、テツマン&競馬が大好きで、赤ら顔で出社してきたことも度々でした(笑)。

2004年に私がグランパスに派遣された当初は、来る日も来る日も残業でした。
毎晩11時まで残業し、派遣の私が会社の戸締りをして帰る日々。

『前の会社のM.Oさんだったら、派遣に戸締りさせるなんて絶対に許さないのになぁ。。。』

M.Oさんの方針を叩き込まれていたので、グランパスの内情は全く意外というか、人任せの会社だという印象を強く持ちました。
誰が残業してるか、そんなこと上司の誰も気にも留めることもなく、派遣の私が残業を強いられているのに、社員は定時で帰るのですから。

それも、一言の労いの言葉も無く。

そんな残業三昧の中、遅くまで仕事をしてみえたのが手嶋さんでした。

若いモンに任せればいいものを、明日のリリース記事をパチパチとパソコンで打っていらっしゃいました。

自分の仕事を終えて帰ろうとする時に、まだ残っている私を見て、

「まだ終わらんのかぃ?」

そう言葉をかけてくださいました。

「毎日毎日遅いじゃねーか、あんまり無理すんじゃねぇぞ、おい!」

ぶっきらぼうな言葉だけど、ニコニコ笑って言ってくれた言葉に涙が出そうでした。

というのも、私の直属の上司などは

「へぇー、今日も残業すんの、でもオレには関係ねーから帰るわ」

って神経を逆撫でするような捨て台詞をわっざわざ吐いて帰るのだから。

そのうちに仕事帰りに飲みに連れていってくれるようになり、さんざんゴチになった御礼にと、残業中は原稿の校正をしてみたり。
飲兵衛同士の付き合いみたいなのが生まれて(笑)本当に良くしていただきました。

私が手嶋さんを見る時は、亡くなった養父を投影していたように思います。
言葉も素行も悪いけど、本当は優しくて、思いやりがあって。。。

色々あって手嶋さんはグランパスを離れ、関連会社で広報を纏めることになり、、、

そして11月末で、その会社も辞めることになりました。


理由は療養のため。
末期の肺癌なのです。
この事実はご自分も知っておられます。


先日、久しぶりにお会いしたところ、少し痩せた感じ。
なんとなく気だるそう。

聞けば手術の後だとか。

それでも煙草は止められないみたいです。

「身体に悪いですよ、大丈夫ですか?」と心配すれば、
こちらの顔色を心配してニコニコ笑うのです。

「いやあ、十分働いたんだからよ、いいだろ?これからは家でよ、ゆっくりかぁちゃん孝行でもするわぃ」

ニコニコ笑うのです。


この人には、かなわないな、、、何時も気遣っていただいてばかりだったな、、、。
それでますます養父の姿を投影してしまうのです。

死期が迫ったことを知る人に、

『身体に障りますよ。。。』

なんて、陳腐な台詞だろう。。。
もっと気の利いた言葉はないのだろうか。。。

自分が情けなくて嫌になる。




手嶋さんがグランパスを離れ、次に移った職場は、超近代的なオシャレなオフィス。
セキュリティーも厳重で、エントランスには綺麗どころの受付嬢。

たまたま手嶋さんに用事があって会社を訪ね、インタフォンを鳴らせば
手嶋さんが腰にタオル、耳にボールペンを挟んだ姿で現われました!

このギャップが最高(笑)。

手嶋さん大好き大好き!

いかにも競馬場に居そうなオヤジなんだけど、

心根がかっこいい。
優しくってかっこいい。
気遣いばかりでかっこいい。
損してばかりだけどかっこいい。
父親みたいでかっこいい。


手嶋さんのトレードマークは、腰にタオル、耳にボールペンなんだけど、この曲しか浮かばない。
かっこいいこの曲が似合う。




もう間も無く逝ってしまうかもしれない。。。

だから、グランパスの優勝、見せてあげたい。





見て欲しい。。。











2011.10.07 Friday

スポンサーサイト


22:52 | - | - | - | pookmark |

コメント

優勝という何よりのお見舞い・プレゼント出来るといいですね。名古屋グランパスの健闘をお祈りしております。それから、今期の素晴しい成績(来期のACL)おめでとう。
2008/12/03 2:39 AM by 弧愁庵人
>弧愁庵人様

コメントありがとうございます。

ずっと支えてきて下さった方なので、優勝が決まれば真っ先にに電話連絡したい方です。
昨シーズンは11位に終わったチームが、嘘のような快進撃。
なんだか夢を見ているようです。。。

でも油断大敵。

大分さんに3点差で敗退するようなことがあれば、ACLも3位の座も奪われます。
まだまだ安心はできませぬ〜。

湘南さんも、なんとか入れ替え戦に持ち込みたいですね。
すぐ上は、仙台とセレッソでしたっけ?

はい、祈りましょう!おーっ!
2008/12/03 10:40 PM by 鯱美
そうですね。誰よりもグランパスを愛してくださった、そのお礼に優勝を贈りたい。。。
なんだかすごくわかる気がします^^
「心根がかっこいい。
優しくってかっこいい。
気遣いばかりでかっこいい。
損してばかりだけどかっこいい。
父親みたいでかっこいい。」
ボクもそういう人になりたいな♪
2008/12/04 11:02 AM by ねずきち
>ねずきち様

コメントありがとうございます。

この方、女性にはめっぽう優しい(弱い・笑)方なんですが、けっこう頑固親父で
ある時上司と喧嘩して、スパッと辞めてしまわれちゃったんです。
ホントは大好きなクラブを離れたくなかったのに、意地っぱりで暴走しちゃいました(笑)。

でもその暴走は、愛するクラブのために尽くそうとしたご自分の義であり
その義が曲げられそうになったために愛するクラブを離れた。。。
愛するが故の別れなんて究極の決断だったことでしょう。

ねずきちさんもそんなモノを持っていらっしゃると思います。
決して遠くはないハズですよ。^^



2008/12/04 10:28 PM by 鯱美
私の大好きな緒形拳さんの言葉です。

死ぬということは、残った人の中に生きるということだ。
自分の中に、逝った人間を生かし続けるということだ。

鯱美さまの悲しみは言葉では癒えないと思いますが・・・

最近、自分の死について漠然とですが考える事があります。
自分が死んでいくさまを、愛情をもって最期までみとどけてくれる人がいれば、死の恐怖はほんの少しでも薄らぐのではないかと思います。そんな大切な人に巡り合うために人は生きているのかもしれませんね。

ずっと見守ってあげることがそのかたへの恩返しかな。
でも、まずは優勝。優勝ですよね。応援がんばって〜!








2008/12/05 2:03 PM by 14番目の月
>14番目のお月様

コメントありがとうございます。

緒方拳さんも、今年逝ってしまわれましたね。。。
私の大好きな俳優さんの一人でした。
ああ、そういえば、この手嶋さん、緒方拳さんのような雰囲気の方でした。。。

私はまだ、静かな気持ちで手嶋さんを送る境地には達してません、、、(涙)
やだやだやだ!私のエゴ以外の何物でもありません。。。いとかなし。

>自分が死んでいくさまを、愛情をもって最期までみとどけてくれる人がいれば、死の恐怖はほんの少しでも薄らぐのではないかと思います。

そのような人々に囲まれていれば、逝く人は(変な話ですけど)恐怖どころか、勇気を持って新しい場所に
逝けるかもしれませんね。
残る者は悲しいですけど、その死に様を見届け、襟を正すのがヒトの「学び」であるのでしょうね。。。
2008/12/05 10:32 PM by 鯱美

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://akenostubasa.jugem.jp/trackback/30

トラックバック

▲top