ラ・カンパニュラ

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 伯父の死:92歳大往生 | TOP | Appreciation to Frode - From the bottom of my heart >>

2011.10.07 Friday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - | pookmark |
2008.11.18 Tuesday

医療現場崩壊が止まらない。

財政難と医師不足 銚子市立総合病院が診療休止

 市営での存続が困難となった千葉県銚子市の市立総合病院(393床)が30日を最後にすべての診療を休止した。「公設民営」で再建を目指すが、請負先の医療法人や再開時期はともに未定だ。2008.9.30


 透析専門病院で医師ら16人一斉退職 大阪・堺

 近畿大学医学部と提携している人工透析専門病院「長寿クリニック」(堺市南区)で9月末、常勤医師や看護師、薬剤師ら職員16人が一斉に退職していたことが5日、分かった。経営陣の内紛が背景にあるとみられ、ほかにも10人以上が退職の意向を示し、10月からは新規患者の受け入れをストップした。130人以上の患者が転院を余儀なくされており、事態を重く見た大阪府は近く行政指導に乗り出す方針を固めた。2008.10.6


阪南市立病院、医師8人が辞表提出 新市長就任日に

 医師の大量退職から経営難に陥った大阪府阪南市立病院で、新たに確保した医師が新市長の病院経営見直しなどに反発し辞意を伝えている問題で、医師8人が12日、辞表を提出したことが分かった。この日就任した福山敏博市長は話し合って慰留する考えだが、市立病院の運営は再び厳しい局面を迎えた。2008.11.12


永年の医者不足が解消される見込みは無いのだろうか?
優秀な人材はいくらでも居るはずなのに。

医者がどんどん減っている。
特に産科は、ヘタすれば母子二人の命が一度に失われる可能性もあり激減している。


20年ほど前までは、医療ミスなどほとんど報じられていなかったのに、最近は酷い。
しかしこれは、最近になって医療ミスが多発しているのではなく、多かれ少なかれ昔からあったことなのだ。

人の命を扱う以上細心の注意を持ってしかるべきだけれども、人の手は完璧ではない。
例えば、一人の末期癌患者がいたとして、A医師の技術をもってすれば救えることがあっても
B医師の技術では救えないかもしれない。
それでも最善を尽くしていただいた上での死なら仕方ない。


けど、患者が亡くなってしまった場合の説明は、助かった患者への説明よりも
詳細に伝えなくてはいけない。
時間をかけて誠意を込めて伝えなくてはいけない。
時には謝罪すべきこともあるだろう。
その時は、逃げることなくちゃんと謝罪しなければいけない。
医療ミスが報じられることは、患者側にとっても病院側にとっても不幸なことなのだから。


現在の医療現場は全てとは言わないけれども、人員不足にもかかわらず最善を尽くしてくれているんじゃないかな。。。
昔と違って訴訟を起こされるようになったし、マスコミも騒ぐし(これはちょっと皮肉も込めて)。

私は闇雲に医療現場を庇うつもりはない。
訴訟を起こされても仕方ないケースもある。
以前は(特に地方では)何が起こっても非難することも躊躇われる、正当性を訴えても跳ね返される機関であったこともあるので、
その温床で培われた曖昧さが、今になって一気に攻撃対象になっているのかもしれないとすら思ってる。
攻撃される側にも攻撃する側にも、ちゃんと理由があるのだ。


現在、医者が不足している。
医師の確保は国、地方自治体、私の経営者の手腕によるものだけれど、迎えられた医師とどう接して行くのかという
未来への方針には、患者、その家族も関わってくることを忘れてはいけない。

医者は信頼されるべき行いをすべきだし、患者側は信頼を甘えに変えてはいけない。


オフコース : 生まれ来る子供たちのために



また一つわけのわからない法案が可決され、平成21年1月1日より運用が始まる。

【産科医療保障制度】
出産によって発生した重度脳性まひの子どもを保障する制度です。平成21年1月1日以降の出産(平成20年10月1日より登録開始)から保障対象となります。登録には3万円の掛金が自己負担金としてかかりますが、健康保険から支給される出産一時金が平成21年度から現行の35万円→38万円に引き上げられるため実質的な負担は生じません。

なんだか気分の悪い法案なのだ。


(妊婦に対して)安心して産んでくださいね、ナニかあってもお金が出ますから。

(医者に対して)手違いで間違いがあっても、ちゃんと補償しますから堂々としてくださいね。

なんてズルイ考えが見え隠れしちゃうんだけども。
こういう対策は事前にするモノなのかしらね。。。

温度差が有りすぎて、気持ち悪ロス。










2011.10.07 Friday

スポンサーサイト


23:49 | - | - | - | pookmark |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://akenostubasa.jugem.jp/trackback/22

トラックバック

▲top